家電リサイクル法

家電リサイクル法とは

一般家庭や事務所から排出された家電製品から、有用な部分や材料をリサイクルし、廃棄物を減量するとともに、資源の有効利用を推進するための法律で、2001年4月1日より、「家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)」として施行されました。
これにより、リサイクル費用と収集運搬費用が消費者の負担になりました。
対象になる家電製品はエアコン・洗濯機・テレビ・冷蔵庫(凍庫)の4種類です。小売業者がリサイクル料金(ブラウン管テレビ2520円、エアコン3150円、冷蔵庫4830円、洗濯機2400円)を徴収して回収した「使用済み家電」を、メーカーのリサイクル施設に持ち込む仕組み。対象家電に薄型テレビ(液晶・プラズマ)と乾燥機を新たに加え、大きさ別にリサイクル料金を変える対策も検討されています。

家電をリサイクルに出す前に・・・

広島リサイクルショップ広島出張買取セレサに電話、FAX、メールでご連絡いただくだけで、広島県内どこでも買取りに伺います。エアコン・洗濯機・テレビ・冷蔵庫の年式が新しく、状態もよければ、お買取りします。
リサイクルで費用がかかるどころかお客様の収益になります!
ぜひご検討ください。

�y�[�W�̏㕔��